前へ
次へ
お申し込み締め切りのご案内
このたびは、SIP自動走行システムヒューマンファクター研究開発成果発表シンポジウムへ
お申込みをご検討いただきありがとうございます。
多数のお申込みをいただき、定員となりましたので、ご応募は締め切りとさせていただきました。
ご理解の程お願い申し上げます。
なお、当日使用する資料は、シンポジウム終了後、当HPに掲載予定となっております。



オーラルセッション (敬称略)
9:30~
9:40


開会挨拶
内閣府
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付
参事官(社会システム基盤)付
企画官
伊沢 好広

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
理事 情報・人間工学領域領域長
関口 智嗣
 
9:40~
10:00
自動運転の研究開発動向

トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー常務理事
SIP自動走行システム・プログラムディレクター
葛巻 清吾
10:00~
10:20
SIP自動走行システム ヒューマンファクター研究開発の背景と狙い

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター 研究センター長
SIP自動走行システム ヒューマンファクター研究開発プロジェクトリーダー
北﨑 智之
10:20~
11:05
課題A 「自動走行システムの機能・状態・動作の理解」に関する2017年度成果概要

国立大学法人 筑波大学
システム情報系 教授
研究開発プロジェクトサブリーダー
伊藤 誠
11:05~
11:50

課題B「ドライバーの状態評価と状態維持のHMI」に関する2017年度成果概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター チーム長
研究開発プロジェクトサブリーダー
佐藤 稔久
11:50~
13:05
ランチ/ポスター自由閲覧
13:05~
13:50
課題C 「自動運転車と他の交通参加者とのコミュニケーション」に関する2017年度成果概要

慶應義塾大学
理工学部 教授
研究開発プロジェクトサブリーダー
大門 樹
13:50~
14:10
自動運転HMI標準化の取組み
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター 首席研究員
ISO/TC22/SC39/WG8 エキスパート
赤松 幹之
14:10~
14:30
自動運転実用化に向けた、日本自動車工業会の取り組み

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 上席研究員(特任)
日本自動車工業会 自動運転研究会 主査
横山 利夫
14:30~
14:40 
 
休憩
ポスターセッション (敬称略)
14:40~
15:10
ポスターセッション(ショートプレゼン 3分×10件)

●課題A「ハザード見落としの可能性についてドライバーが持つべき事前知識」 
 筑波大学大学院 Liu Tianwei
●「システムの自覚のない機能限界を想定したシステム状態を伝えるHMIの研究」
 筑波大学大学院 仁科 翔伍
●「自動走行時レベルの動的遷移におけるモード認識及びモードコンフュージョンに関する課題の検討」 
 筑波大学大学院 梅野 隆一
●課題B「自動運転中のドライバー覚醒状態に対する冷風・振動の効果」
 産業技術総合研究所 木原 健(Wu Yanbin・長谷川 国大)
●「自動運転における若年/高齢ドライバーの監視状態は途中手動運転を挿入することで変化するか」 
 産業技術総合研究所 Wu Yanbin(長谷川 国大・木原 健)
●課題C「自動運転車の意図・状態の伝達に対する歩行者の認識」 
 慶應義塾大学大学院 松永 直人
●「自動運転車の意図・状態の伝達に対する他のドライバーの認識」
 慶應義塾大学大学院 中村 大希
●「外向けHMIのコンテンツに対する交通参加者の認識や行動」 
 慶應義塾大学大学院 横田 直樹
●大規模実証実験について
 東京都ビジネスサービス(株) 保坂 圭太
●Web調査について
 東京都ビジネスサービス(株) 保坂 圭太
15:10~
17:00
ポスター発表
シンポジウム パンフレット ダウンロード(PDF形式 24.9MB)

開催日時

日時:2018年7月20日(金)
御茶ノ水ソラシティ
カンファレンスセンター
sola city Hall

 

アクセス

参加申し込み

本シンポジウムはどなたでも参加が可能です。参加申し込みの方は必要事項を記入の上お申し込みください。

お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご不明な点やご相談がございましたらこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

過去の資料

過去の配布資料をこちらよりご覧いただけます。

ダウンロードはこちら

Page Top